好奇心こそが成長の秘訣!アロハボート広報ブログ

アロハボート広報より、会社の紹介や日常でタメになる情報を発信するブログです。

チャームポイントって?あなたの知らないあなた

あなたを最大限アピールするために知っておくべきこと

 

こんにちは 株式会社アロハボート 広報チームです。

 

あなたのチャームポイントは何ですか?

 

f:id:aloha-boat-publish:20190322165131j:image

 

芸能人がでている番組や、合コンでもたまに耳にしますよね。

「チャームポイント」どういう意味なのでしょうか?

 

 

《〈和〉charm+point》その人の最も魅力的なところ。また、人を最も引き付ける部分。

 

引用:コトバンクhttps://kotobank.jp/word/charm%20point-566564

 

これを見たときに、わたしは「絶対に対人関係で必要なものだ!」と感じました。

 

仕事上人と接することが多いことと、早坂の主催する「ひびきあい」などで人の関わり合いをお手伝いさせていただいている身としては聞き捨てなりませんでした!(笑)

 

早速自分と向き合う時間です…。 

思い浮かびません…。

 

そんな時は、目の前の人にお願いしてみましょう。

 

「わたしのチャームポイントってなんだと思う?」唐突すぎますが、これです。

 

わたしから見て社長の早坂のチャームポイントはズバリ「目力」です。

いつもぐっと引きつけられるような「目力」を彼女は持っています。

 

元々なのか、事業家として成長してきた先にそうなのかは誰もわかりません。

しかしはっきりと彼女のチャームポイント(その人の最も魅力的なところ)になっているわけです。とても不思議ですよね。

 

 

さてわたしもも目の前の人(知り合い)に聞いてみました。

 

「笑顔」「おもしろい」… 内面的なことが多いようです。 (笑)

一番しっくりする言葉がでてきました。

 

「楽しそう!」「いつも楽しそう」

 

根拠はないかもしれませんが、立派な「その人の最も魅力的なところ」ですよね。

有難いです。

 

チャームポイントはつくれる

人として「魅力」をつけることが、どんな事業でもうまくいくコツだよと

早坂もいつも口にしていることです。

 

もしも自分の(その人の最も魅力的なところ)がわからないなら、

 

つくってみてもいいかもしれません。

 

f:id:aloha-boat-publish:20190322165127j:image

 

 

 

一見チャームポイントに見えないことだったことも、目に見える魅力として自分をアピールできることもたくさんあります。

 

「笑顔」「気配り」「楽しそう」「雰囲気が落ち着く」

 

なんでもなりうると思います。

人から聞いた自分の印象を、伸ばして行こうとしていくことで、(魅力)に変えていけると思います。

 

どんどん(魅力)を集める人になって、成長できるよう、わたしも自分のなかにチャームポイントをもっと探していきます。

 

いつもありがとうございます。

運動習慣をつくる方法

運動習慣をつくる前に

f:id:aloha-boat-publish:20190320192300j:image


こんにちは。アロハボート広報スタッフです。


前回ご紹介しました「運動不足を痛感しているあなたへ」に続いて、

本日は運動を習慣化させていく方法をご紹介します。


前回の記事では、運動不足だと数々の恐ろしい脅威があることが分かりました。

といっても、「そんな簡単に運動を続けられない!」という方もいらっしゃると思います。


では、まずなにからはじめるべきなのでしょうか。


自分のタイプを知ろう

f:id:aloha-boat-publish:20190320192622j:image


まずはじめることとして、「自分がなぜ運動をしないのか。続けられないのか」と自分を知ることからはじめましょう。


いくつかタイプをご紹介します。


タイプ1:運動時間を抽出できないタイプ

とにかく忙しい人。

 

毎日仕事で帰宅も遅く、クタクタになって運動する時間を作れない人です。

結果、運動不足になってしまっています。


このタイプの解決方法は、

先にスケジュールを決めること。


「早く帰れたら運動しよう」ではなく、「この日のこの時間は運動をする」と先にスケジュールを決めてしまう。

まずは意識して時間をつくる習慣をつけていきましょう。


タイプ2:運動を楽しめないタイプ

そもそも運動することを楽しめない人。

運動に対するモチベーションが上がってこなく運動をしたくない。


このタイプの解決方法は、

「ながら運動」からはじめて、日常生活にちょっとした運動を取り入れていくこと。


徐々に「運動」に対する苦手意識をなくしていきましょう。


タイプ3:やる気はあるがやり方が分からないタイプ

運動に対するやる気はあるけど、いざ運動しようと思ったときに行動に移せない人。


このタイプの解決方法は、

ジムなどに通ってやり方を教えてもらうこと。


ネットにもさまざまな運動の方法が掲載されていますが、やはりプロの方に教えてもらうことが一番いいです。


独自のやり方を模索するのではなく、プロの方から教えてもらい、自分に合った運動がなにかを知りましょう。


いかがでしょうか。ご自身はどのタイプに当てはまりますか。


ちなみに私は、タイプ1でした。

まずはスケジュールを先に決めていく習慣をつけていきます。


自分の現状をしっかり知ることが、次の行動に移す第一歩ですね。


手軽に始められる運動

f:id:aloha-boat-publish:20190320192309j:image


自分の現状を知ったあとは、運動をしていくのですが、はじめから「よし!運動をするぞ!」と気合を入れすぎると途中でガス欠になってしまいます。


なのではじめは手軽に始められる運動から行うようにしましょう。

そして自分の中での運動というハードルを下げていきます。


移動中に脂肪燃焼

「駅やオフィスなどのフロア移動をすべて階段に切り替える」

階段を登ることは、軽いジョギングをした時のカロリー消費に匹敵されるとも言われています。


「電車移動中は積極的に立つ」

ただ立っているだけでも座っているときと比較すると消費カロリーが倍近く違ってくるそうです。


ながら運動

「ショッピングは絶好のながら運動」

休日を大型ショッピングセンターなどで過ごす方も多いと思います。

ショッピングに夢中なので、気づけば結構な距離を歩いていたなんてこともあります。


なにをするにも身体が資本

f:id:aloha-boat-publish:20190320192650j:image


日常生活でも、意識をすれば運動をするチャンスがたくさんありますね。


人は「慣れる」までが大変だったりします。

ぜひ慣れるまで行動をして、「運動をする自分が当たり前」な自分に変えていきましょう。


なにをするにも身体が資本です。

心身ともに活力ある日々を過ごせるようにまず、日常から手軽な運動を取り入れてみてはいかがでしょうか。


本日もありがとうございました。

 

誰にとっての美しさ?〜目標設定〜

 

あなたの美しさはあなたのために

こんにちは 株式会社アロハボート 広報チームです。

最近フィットネスジムの広告や、ジムトレーナーの方のインスタグラムをよく拝見しています。

時代の流れか「引き締まったボディ」に対する価値がどんどん上がってきていますよね。

 

「女性が憧れるスタイル」の変化をすごく感じています。

 

「それはいったい何のために継続してできているのだろう」と疑問に思うことがありました。

わたし自身望んでいることなのにも関わらず諦めてしまう経験が多く、「継続は力なり」を体現している方を見ると羨ましくもあります。

 

どうしてわたしがフィットネスを諦めてしまうのか、少し考えてみました。

 

f:id:aloha-boat-publish:20190318154843p:image

わたしが決めたはずの「目標設定」が曖昧で、いつ辞めてもいい環境を自分で作り出していること

 

「いつまでに?」 「夏までに」 

「夏はいつから?」「どうして期限を切らずに季節で区切るのか」 

いろんな自問自答の言葉を考えても答えられません…。

 

つまりわたしが逃げられる・辞められる逃げ道を勝手に作り出しているからだと気づきました。

 

日々トレーニングをしてすぐに結果が付いてきたり、目に見える成果(例:体重の変化や持ち上げられるウェイトリフティングの重さが増えるなど)があれば継続できます。

それがなかなかでなければ辞めてしまおうという中途ハンパな状況を作り出している原因はここだととてもしっくりきました。

 

原因究明できたところでどうするかがポイントになってきます。

 

 

f:id:aloha-boat-publish:20190318154942p:image

「小さなステップにわけると目標を達成しやすいし、それがやりがいにもつながっていくのです。」

 

明確化された目標に向かってコツコツ頑張ることを、目に見える形で残して行くと、継続しやすいと学びました。

・目標:2019年の7月31日までに今の体重から5㎏落とす。

→明確化:2019年3月31日までに⚪︎㎏

     2019年4月30日までに⚪︎㎏…

 

 

それを日記や毎日の更新SNSTwitterFacebook)で発信していくことで、

記事が貯まっていきますよね。すると貯まっていくこと自体が楽しくなるようです。これは、預金通帳を見て貯まった金額を見て思わずニンマリしてしまう、ラジオ体操でスタンプを押してもらうのがうれしくて通う、というのと同じだそうです。

 

みなさん経験がある方もいらっしゃるかと思います。わたしもスタンプが欲しくて小学生の頃ラジオ体操で皆勤賞をとったことがありました。

 

ニューポストセブン,「ジム通いなぜ続かない? 続く人と続かない人の違い識者分析」,

https://www.news-postseven.com/archives/20130303_174529.html〉,(2013/03/03)

 

 

目標設定を明確にし、日々の成果の貯金をすることで継続して

 

あなただけの美しさを手に入れてみてはいかがでしょうか。

 

そんなわたしもまずはわたしから。

 

いつもありがとうございます。

運動不足を痛感しているあなたへ

運動をしないとなにが起こるかを知ろう

f:id:aloha-boat-publish:20190314180404j:image

 

こんにちは 株式会社アロハボート 広報チームです。


最近運動不足を痛感しています。

高校で部活をやっていたころより太り、身体が重くなってきました。

階段を登るだけで息切れ、、わたし以外にもそんな風に感じている方も多いのではないでしょうか。


運動したほうが健康によいと理解していてもさまざまな理由で習慣化するのがむずかしいですよね。


今日は運動がいかに大切なのか、その重要性についてご紹介します。

 

運動不足が招く脅威とは

f:id:aloha-boat-publish:20190314180410j:image

長年にわたる悪い生活習慣によって引き起こされる疾患を生活習慣病といいます。


糖尿病、肥満、高血圧、動脈硬化による脳・心血管病(狭心症心筋梗塞脳卒中)などが生活習慣病にあたります。


これらは食事や運動不足、ストレス、喫煙、飲酒といった悪い生活習慣の積み重ねによって起こるということが明らかになっています。


その中でも特に運動不足が招くものとして

「肥満」「うつ病など精神疾患のリスク」「仕事の効率低下」などがあると言われています。


身体面だけでなく、仕事のパフォーマンスにもかかわってくるのです。

 

運動が身体に与える効果

 

では、運動をすると上記のような脅威の排除以外にどういったよい効果があるのかご紹介します。


運動は、血液循環がよくなる・心疾患の危険性を減らす・高血圧の予防改善・筋力を増す・睡眠障害を改善する・心理的緊張を緩和するなど、生活習慣病を予防する医学的効果や体力向上などの効果があります。


部活動を行なっていたときはとても健康だったのは、運動からこういった効果を得ていたから日々元気に過ごせていたのだと思います。

 

次回、運動習慣を得る方法

f:id:aloha-boat-publish:20190314180431j:image

 

いかがでしたでしょうか。

運動不足は多くの方が痛感しているかと思います。

日頃運動をしないといろいろな病気のリスクが高まるのですね。


次回は運動を習慣化させていく方法をご紹介します。


本日もありがとうございました。

ご機嫌な自分でいるために

なにも対人関係だけがご機嫌になれるものじゃない、美味しい食べものでもご機嫌になれる

 

こんにちは 株式会社アロハボート 広報チームです。

わたくしごとですが、先日仕事の関係で九州、博多へ行ってきました。

 

f:id:aloha-boat-publish:20190314234630j:image

 

 

九州といえば食の宝庫!

 

ほんとにラーメンひとつをとっても目移りするようなラインナップの多さです。

 

 

 

そんななかわたしが選んだのは久留米ラーメン

 

 

f:id:aloha-boat-publish:20190314234743j:image

 

◇お店情報

・久留米大砲ラーメン 天神今泉店

https://s.tabelog.com/fukuoka/A4001/A400103/40003982/dtlmap/

普段わたしが食べている「博多ラーメン」よりもとてもクリーミーで、本当においしかったです。

 

自分も、自分の周りの人も幸せにすることって良好な人間関係を築くなかで大切なことですよね。

 

人に褒められた

評価された

 

 

ももちろん心の栄養になりますが、

美味しいものを食べて幸せを感じる女子も多いかと思います。

 

社長の早坂亜希子もそのうちの1人です。

ご飯の話になるといくらでも一緒に話をしてしまいます。

 

たまには自分のご機嫌のために、

大好きなものを食べてみてはどうでしょうか。

 

いつもありがとうございます。

 

 

気を遣いすぎて疲れちゃったあなたへの手紙

「もう恋愛つかれちゃった。彼氏なんていらない。」と思っていたあの頃の私へ伝えたいこと

 

f:id:aloha-boat-publish:20190311184402j:image

こんにちは 株式会社アロハボート 広報チームです。

1年前の私に伝えたいことを今日はここで、みなさんにもお伝えしたいと思います。

 

 

 

ちょうど一年前に6年間付き合った彼氏とお別れし、本当に疲れていました。

 

彼の状況に合わせるために自分のキャリアに目を伏せて、一緒になれるにはどうするか、どうすれば関係性が円満に行くかを考えていました。そんな時に、彼に言われた一言がありました。

 

「俺についてくる人生でいいの?」

 

はっとしました。

私が今考えていたことはなんなんだろうと立ち返る瞬間でした。

 

誰のために考えていたことなんだろう?と思い自分を見つめ直す時間になりました。

 

相手に気を遣いすぎて、

「合わせないと嫌われる」

「いつも理解のある彼女でいないと」

 

と思ってました。男友達も多いこともあり、いつも周りに答え合わせ。「私って理解あるよね!」

 

今振り返るとそんなことどうでもいいのです。

 

合わないなら話し合って折り合いをつければいい

 

どうしても合わないならそれがお互いの出した答えだと受け止めましょう。

 

当時の私にそういってあげたいです。

 

お別れする前の半年間はどうも折り合いがつかず、お互い疲れていました。

 

別れてからもすぐに彼氏が欲しいという気持ちにならず、仕事をすることで気持ちがすっきりすると思うことにして走ってきました。

 

f:id:aloha-boat-publish:20190311184424j:image

 

でも本当は甘えられる相手、支えてあげたい相手が欲しかったのです。

 

 

どれだけ前の恋愛で疲れたとしても、また人を好きになり愛せるようになるのが人間のとてもいいところだなと改めて実感しました。

 

 

疲れるときはどっと疲れてもいい、

また未来を見て前向きに捉えれば、新しい出会いを引き寄せるはずです。

 

1年前の私には想像できない素敵な出会いがたくさんありました。もちろん恋愛だけではなく、「人」との出会いです。

 

早坂亜希子との出会いもその一つかもしれません。

これからも未来に可能性を見ていきます。

 

いつもありがとうございます。

 

 

コーヒーを生活の一部に取り入れよう

コーヒーがもたらす効果とは

f:id:aloha-boat-publish:20190310203250j:image

 

 

こんにちは 株式会社アロハボート 広報チームです。


最近私はコンビニコーヒーにハマっています。

朝出勤時ホットコーヒー1杯、ミルクを1つ入れて飲んでいます。

100円であの美味しさに最近病みつきです。


今日は、私がハマっているコーヒーの魅力をご紹介します。

 

 

気分転換やリラックスに最適

f:id:aloha-boat-publish:20190310203303j:image

 

皆さんはどういう時にコーヒーを飲みますか?

目を覚ましたい時や、友達とお茶をする時、仕事で一休みする時など


多くの方が、リラックスしたい時や気分転換したい時にコーヒーを飲むことが多いのではないでしょうか。


実はコーヒーに含まれるカフェインには、

脳の働きを活発にする効果があり、眠気を覚ましたり、疲労感を和らげる効果もあります。

そのため頭をスッキリさせることができるのです。

また、コーヒーの香りには脳をリラックスさせてくれる効果もあります。

カフェに入るとコーヒーの香りがしてリラックスできた。という経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

最適な量を習慣に

f:id:aloha-boat-publish:20190310203314j:image

コーヒーを「一日3〜4杯飲む人」は「ほとんど飲まない人」に比べて、糖尿病の発症リスクが低下すると研究結果が出ています。

男性で17%、女性で38%低下するそうです。


その他にも心臓病の予防にもなると言われています。


2018年の日本人一人当たりの1日のコーヒー消費量は3.64杯です。


中々、4杯も飲む方は少ないと思いますが、

是非コーヒーを飲む習慣をつけられると良いのではないでしょうか。

 

私は1日だいたい2杯なので、4杯めざして飲みます。

 

コーヒーのある日常に

f:id:aloha-boat-publish:20190310203339j:image

「コーヒーには良い効果があるから飲む」と意識して飲んでいる方は少ないのではないでしょうか。


ぜひ、気分転換のアイテムとして、そして体をご機嫌にする方法の一つとしてコーヒーを日頃から意識して飲んでいただけたらと思います。

 


私はブログを書いている最中コーヒーを飲みたくてうずうずしていましたので、今から買ってきます。

 

本日もありがとうございました。

保健指導リソースガイド

http://tokuteikenshin-hokensidou.jp/news/2014/003551.php

(2019年3月10日)


全日本コーヒー協会

http://coffee.ajca.or.jp/data

(2019年3月10日)