好奇心こそが成長の秘訣!アロハボート広報ブログ

アロハボート広報より、会社の紹介や日常でタメになる情報を発信するブログです。

涙なくして見られない!映画「ボクの妻と結婚してください。」から学んだこと

こんにちは!

 

Amazonプライムで映画三昧な剣持です。

 

今日は、映画「ボクの妻と結婚してください。」をご紹介します。

 

f:id:aloha-boat-publish:20180920082602j:plain

 

簡単にあらすじを紹介すると・・・

放送作家の主人公は、末期のすい臓がんで余命半年と医者から宣告されます。

そこで、残される家族のことを考えたときに、自分がいなくなったあとでも家族が

笑って過ごせるように、奥さんのために最高の再婚相手を探そうと決心します。

 

「え!?自分がまだ生きてるのに再婚相手!?」と驚いてしまうストーリーです。

 

けれど、それが放送作家の主人公がずっと物事を「面白い」に変換してきた生き方を

最後まで貫きとおした作品でした。

 

わたしは、この映画を涙と鼻水なくして見れませんでした。

(涙腺弱い人は、必ずハンカチを準備して見てください。)



自分に正直になって、感謝を伝えることの大切さ

 

この映画から学んだことは

自分に正直になって、伝えたい言葉は伝えたい人に伝えること。です。

 

毎日を過ごしてると、日々の忙しさで、身近な人への感謝や大切なことに鈍感になりがちです。

 

わたしは、両親にはイベントがあるときにはいつも「ありがとう。」や「2人の子供で生まれてよかった。」と感謝の気持ちを伝えるようにしてるのですが、もっと普段から言おうと思いました。

 

また、家族だけでなく、大好きな友達、恋人にももっと「ありがとう。」を伝えようと思います。今、この瞬間は今だけ。今しか伝えられない気持ちを、身近な人にこそ、伝えていきたいです。

 

「ありがとう」のもつ幸せパワー

 

f:id:aloha-boat-publish:20180920082751j:plain

 

社長からは、感謝することが大切だよ。といつも仕事のときに声をかけてもらっています。

人に感謝を伝えると、温かい気持ちになれます。一緒に過ごす何気ない日常の中に幸せをたくさん見つけることができます。

 

離れて暮らしていてもつながっている家族。一緒に笑いあえる友達や、そばで支えてくれる恋人。それから、切磋琢磨しあえる仕事仲間。そして、いつも一番身近にいる自分自身。

 

相手を大切に、尊敬しているからこそ発する「ありがとう」という言葉を大切に今日もお仕事がんばります。