好奇心こそが成長の秘訣!アロハボート広報ブログ

アロハボート広報より、会社の紹介や日常でタメになる情報を発信するブログです。

アロハボート広報おススメ!200種類以上のクレープをそろえるお店「大山のピエロ」

絶品!濃厚なクリームに厚めの生地でファン続出!

f:id:aloha-boat-publish:20180810162036j:image

こんにちは!株式会社アロハボートの本田です。


昨日どうしても行きたかった知る人ぞ知る、都内で有名なクレープ屋さんに行ってきました。


そのお店は池袋駅から東武東上線に乗り換え、5分ほどで到着する大山駅のそばにあります。


お店の名前は「ピエロ」


テレビやラジオにも特集され、一躍有名になったクレープの名店です。

 

 

場所はハッピーロード大山商店街

ピエロは大山駅の改札口を出て、目の前にあるハッピーロード大山商店街を通っていきます。


■参考

ハッピーロード大山商店街、「ハッピーロード大山商店街」、〈http://haro.or.jp〉、(最終アクセス2018年8月10日)


ハッピーロードは1978年(昭和53年)に板橋区随一のアーケード商店街として誕生したそうです。

 

和菓子のお店や豆腐屋さんなど、昔ながらの懐かしさを感じるお店が多く並んでいました。


そのハッピーロードを進むこと徒歩3分。


クレープ屋さんのピエロが見えてきます。

 

圧巻!!200種類以上も提供できるピエロの魅力!

f:id:aloha-boat-publish:20180810172556j:image

道が交差する一角にピエロはあり、お店の周りには数えれないほどのメニューが飾られていました。


クレープのお店「ピエロ」


住所:173-0023 板橋区大山町31-5
電話:03-3955-0811
FAX:03-3955-0811
定休日:火曜日(祭日の場合翌水曜)
営業時間:平日12:30~20:00 土・日・祭日11:00~20:00

WEB:http://haro.or.jp/shop/gourmet/piero

 

この種類の多さになにを注文したらよいのか迷います。

f:id:aloha-boat-publish:20180810172552j:image
f:id:aloha-boat-publish:20180810172146j:image
f:id:aloha-boat-publish:20180810172140j:image

見ればみるほどビックリしてしまう豊富さですよね。

冬限定・夏限定などといった季節限定のクレープもあるそうです。


クレープをつくるは元シェフであり、創業が1979年なので今年で39年になるそうです。


わたしは普段クレープどころかスイーツ全般食べる機会が少ないのですが、ピエロのクレープを食べてたときはあまりの美味しさに感動しました。


自家製クリームの甘さが濃厚で、一番の感動はクレープの生地が分厚くて食べ応え満載!


今回「板橋のいっぴん」として認定されている生クリームバナナチョコを注文してみました。

 

地域の人たちから愛されてやまない生クリームバナナチョコ

f:id:aloha-boat-publish:20180810172429j:image

見てください!このボリューム感!

430円でお腹いっぱいになります。


生クリームバナナチョコは、地域の人たち愛され親しまれている商品「板橋のいっぴん」として認定されています。

 

板橋区では、区内商業の活性化を目的として、平成15年度、17年度、20年度に、地域の方々に愛され親しまれている和洋菓子、お惣菜、パン、お酒などの商品を区民の方から募集し、公募委員などからなる選定委員会の審査の結果、現在64商品を「板橋のいっぴん」に認定しております。

■参考

板橋区区役所、「区民が選んだ板橋のいっぴん | 板橋区」、〈http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_kurashi/006/006209.html〉、(最終アクセス2018年8月10日)


創業からおよそ40年が経ち、今なお続いている秘訣は、味の美味しさやインパクトもありますが、地域の人たちから愛されていることがひしひしと感じました。


わたし以外にもお子さま連れのファミリーや、お年寄りの方も買いに来ているのを見て、長年つづく秘訣を知れたような感覚がします。


株式会社アロハボートも、地域の人たちやこれから関わる企業様から愛し愛されるようにいっそうの努力を積み重ねていきます。


本日もありがとうございました。